医薬品

厳しいコンプライアンスと時間的制約が製薬業界の物流の特徴となっています。
Geek+のソリューションで、人件費を削減し、業務効率を向上させることが可能です。

  • 課題

    大量のSKU

    小さいサイズの商品

    短い納品リードタイム

    ソリューション

    Goods to Person 詳細

    オーダーを集約し、ロボットの搬送回数を削減

    波動に合わせて、ロボット数の増減が可能

    複数の荷主を、同エリアで保管可能

  • 課題

    大量のSKU

    煩雑な棚付け作業

    ピッキング効率が低い

    ソリューション

    Goods to Person 詳細

    オーダーを集約し、ロボットの搬送回数を削減

    波動に合わせて、ロボット数の増減が可能

    複数の荷主を、同エリアで保管可能

  • 課題

    短い納品リードタイム

    仕分けが煩雑

    予測困難な波動

    ソリューション

    ソーティング 詳細

    レイアウトとロボット数を柔軟に変更可能

    プロセス全体を常時モニタリングし、仕分け精度を担保

    ムービングソリューションとの連携

  • Jointown製薬

    課題:厳しい配送条件を満たすため、10,000個 / 時の出荷効率と99.9%精度の実現を目指していました。
    ソリューション:ピッキングロボットを導入し、出荷効率が大幅に向上しました。

    30%アップ

    保管能力

    1,400個 / 時 / 人

    出荷効率

    詳細
  • Sinopharm Logistics

    課題: 出荷効率を向上させ、人件費を削減することが喫緊の課題でした。
    ソリューション:品質状態管理、消費期限管理など、コンプライアンスを遵守する上で必要な、製薬業界向けにカスタマイズされたソリューションを提供しました。

    120 個 / 時 / 人

    ピッキング効率

    399

    詳細