3PL

物流業界では、年々、高いサービス品質が求められるようになり、
効率性・配達精度・保管エリアの稼働率の低さ、人件費の高さが喫緊の課題となっていました。
ロボティクスソリューションで物流関連の企業価値向上に貢献します。

  • 課題

    大量のSKU

    予測困難な波動

    短い納品リードタイム

    ソリューション

    Goods to Person 詳細

    オーダーを集約し、ロボットの搬送回数を削減

    波動に合わせて、ロボット数の増減が可能

    棚は柔軟に設計可能で、様々な商品が保管可能

  • 課題

    保管キャパシティが小さい

    ピッキング効率が低い

    人件費が高い
     

    ソリューション

    Bin to Person(発売日未定) 詳細

    ロボットアームと連携し、無人ピッキングを実現

    波動に合わせて、ロボット数の増減が可能

    プロセス全体を常時モニタリングし、ピッキング精度を担保

  • 課題

    予測困難な波動

    配送先が多い

    ミスが多い

    ソリューション

    ソーティング 詳細

    レイアウトとロボット数を柔軟に変更可能

    プロセス全体を常時モニタリングし、ピッキング精度を担保

    ムービングソリューションと連携

  • acca

    課題:慢性的な人手不足と人件費の高騰が大きな問題となっていました。
    ソリューション:2600㎡のエリアにピッキングロボット(P500 )30台と800台の棚を導入し、大幅な効率改善を実現しました。

    8,000

    倉庫面積

    120

    P500

    3,200

    詳細
  • ALP

    課題:保管キャパシティを超えた、大量のSKUを抱え、倉庫を自動化し、作業の効率化を目指していました。
    ソリューション:10,000個のSKUが保管されている倉庫(5,776平方メートル)にピッキングソリューションを導入しました。

    450 個 / 時

    ピッキング効率

    70

    P800

    詳細
  • Empower

    課題:自動倉庫を開発して効率を高め、ピーク時の要件を満たしたい。
    解決策:ビンピッキングとパレットピッキングの両プロセスを適応させるため、標準型とと簡素型ステーションを組み合わせています。

    7

    ステーション

    15

    P800

    詳細