どのようにWalmartが
コスト削減と効率化に成功したか?

お客様の紹介

Walmartはグローバルに展開する、世界最大のスーパーマーケットです。全世界で8,500店舗、中国では400店舗以上、18の物流センターを運営し、毎年数十の新店舗をオープンしています。

課題

様々な形態の店舗を運営するWalmartは、以下のような課題に直面しています。

  • 倉庫の入出荷が激しい、大量のSKU、様々な商品サイズ、波動が大きい
  • 注文は即日配送され、99.99%の配達精度の要件を満たす必要がある
  • 手作業によるピッキングミスが多く、人件費も高い
ソリューション
  • Walmartのロボット導入での最初の事例として、Geek+は、Walmartの深圳市物流センターで実証実験を実施しました。既存のオペレーションの中で、Geek+システムの効率改善効果を検証しました。
  • Geek+は、実証実験エリア(200平方メートル)に6台のピッキングロボットを導入し、業務フローに沿って、棚の荷降し・荷揚げ・補充などのアウトバウンド業務の
    自動化に取り組みました。
導入実績
  • Walmart初となるロボット導入に向けた、実証実験に成功

  • 労働負荷の軽減

  • ピッキング精度の向上し、ピッキング効率も3.5倍まで向上 

  • WalmartとGeek+はパートナーシップを強め、新たに18台のロボットを発注