どのようにBosidengは
物流自動化を実現したのか?

お客様の紹介

1976年に設立されたBosidengは、中国で最大手ダウンジャケットメーカーです。先進的な生産設備を備え、従業員は20,000人を超えています。 Bosidengのダウンジャケットは、アメリカ、フランス、イタリアなどの72か国で人気を博し、世界に2億人以上のファンがいます。

課題
  • 店舗売上が急速に伸び、手作業でのピッキング効率が低い
  • フォークリフトの使用が急激に増加し、高コストな上に、人手が確保できない
  • 自動化できておらず、ミスも多い
ソリューション
  • 種まきピッキングで使用するコンテナで、直接、出荷することが可能です。
    種まきピッキング後、コンテナはコンベアーでパッキングエリアに運ばれます。
  • システム(WMS、WCS、TMS)間で情報連携しています。
  • フェーズ1のプロジェクトでは、5,000平方メートルのエリアを対象に、
    ピッキングロボット(P800)116台、ステーション(3台)15台を導入しました。
    倉庫全体の在庫数は約150,000個で、6,000を超えるSKUを取り扱っています。
  • フェーズ2のプロジェクトでは、20,000平方メートルのエリアを対象に、ピッキングロボット(P800)200台を導入しました。
導入実績
  • 出荷キャパシティが、3,500個 / 時まで向上

  • 店舗への商品補充のために、マルチバッチとスモールバッチを可能に

  • フォークリフト10台と作業員50人を削減

  • 作業精度が100%まで向上