Sinopharm Logisticsは
どのようにして効率を大幅改善したか?

お客様の紹介

Sinopharm Logisticsは、中国最大の医薬品販売会社であるSinopharmの物流分野です。中国初の医薬品に特化した3PLであり、倉庫保管サービス、医薬品販売、国内での陸運サービスなどを提供しています。

課題

Sinopharm Logisticsでは、出荷の精度を確保するために、トレーサビリティを重視し、マルチベンダー、マルチチャネル、医薬品の品質状態を厳格に管理しているため、正確な小口ピッキングの必要性が高まり、全体の生産性を向上させつつ、人件費を削減する必要がありました。

ソリューション
  • 約1,500m2の倉庫に、ステーション10台と棚399個を導入
  • 品質状態管理や期限管理など、製薬業界向けにカスタマイズされたソリューションを提供
  • ステーションに初めて光選別技術を適用し、個々のステーションのピッキング効率を80~120個 / 時 / 人まで向上
導入実績
  • 手作業と比較して、ピッキング効率が約3倍に向上

  • 人件費を大幅に低下

  • 超高精度ピッキングを実現