ALPが物流業務の自動化に成功

お客様の紹介

Ally Logistic Property, Co. Ltd. (ALP)は、台湾初の物流不動産開発会社です。
受賞歴を持つ倉庫ソリューション「Logistics Republic」の一環として、
物流網の拡大、自社が持つ様々なリソースの統合、最新設備の導入を推進することで、各業界のリーディングカンパニーや物流事業者に高効率な物流施設を提供し、次世代の物流施設の構築を目指しています。

課題

SKU数の増加に直面し、ALPは倉庫を自動化し、作業の効率化を推進しました。

ソリューション

Geek+は、10,000個のSKUが保管されている倉庫(5,776平方メートル)に
ピッキングソリューションを導入し、450個 / 時のピッキング効率を実現しました。

導入実績
  • 倉庫業務の大幅な改善

  • Geek+ AMRの導入により、ピッキング作業員を2/3に削減

  • 新レイアウトにより、保管スペースの利用率を20%向上

  • 800台の棚を導入

  • ワークステーション15台を設置(棚付け:6台、ピッキング:9台)

  • ピッキングロボット(P800)を70台導入

  • 450個 / 時のピッキング効率を実現