EC・JUANPI.COM

2017-10-12現在


2017年8月、JUANPI.COMの倉庫にて運用を開始しました。お客様の全面的な協力のおかげで、工事から運用までわずか55日間での導入を実現しました。


こちらで導入された自動ピッキングロボット「EVE500」は、最大積載荷重500kg、QRコードナビゲーションにより、自動ピッキングを実現しました。
AIルート計画、セルフナビゲーション、自動で障害物を回避する機能を搭載しています。AIピッキングシステムはピッキングスタッフがワーキングステーションで画面の指示に従い、指定された棚の位置から指定の数の商品を「出荷BOX」に入れるだけで「歩かない」ピッキングを実現します。伝票を見ながら商品のところまでとりに行く従来の「歩くピッキング」の常識を破りました。
「人が歩かない」システムの導入によって、ピッキングの作業効率を大幅に高め、人件費を削減しながら、かつ正確なピッキングが可能です。また、セルフ充電システムにより常に最大数のロボットを同時に運用することができるので、24時間の稼働も可能です。


JUANPI.COM倉庫のロボットの数は50台、棚が1185台、保管できる商品数は、約30,000PSです。
倉庫は7つのピッキングステーションと3つのステーションの組み合わせで、ピッキング効率は1時間約600件、棚付け効率は1時間約800件です。

 

特徴:

従来のピッキングと比べ、「人が歩かない」システムは、棚付け、ピッキング、商品整理などの作業効率を大幅に高めることができます。
導入前と比較し棚付け/商品整理作業は、約1.5倍、ピッキング作業は、約2~3倍の効率を実現しました。

1. 棚の改良

システム導入前は、軽量ラックを使用して運用していましたが、Geek+専用棚を導入し通路面積を削減することにより、 従来の倉庫より保管効率が約35%アップしました。また、棚の中の保管効率も高め、倉庫面積の利用率が大幅にアップしました。

2. 商品返却までの流れをスムーズに

JUANPI.COMはセール商品を提供し、複数のブランド商品を同時に販売しています。異なるブランドの商品をJUANPI.COMの倉庫に入れて、7~14日間のセール販売を実施します。
セール販売終了後、サプライヤーに在庫商品を返却します。
Geek+ピッキングシステムでは、同じブランドの商品を同じ棚や同じエリアで保管する事ができ、また、商品の出荷頻度に応じて棚の位置を合理的に配置する為、
ブランド別にサプライヤーへ商品を返却する際、物流でかかる時間とコストを大幅に削減できました。

会社名:株式会社ギークプラス

​代表者:佐藤智裕

所在地:〒270-1360千葉県印西市泉野1-2
    プロロジスパーク千葉ニュータウン5F
    EVE LABO

電話番号:0476-37-7509

メール:info@geekplus.jp

PAGE TOP